トップページ | 2007年4月 »

都城市 青井岳温泉

今日は、風呂を沸かすのがゆだきかったので

青井岳温泉に行ってきました。

ここは、三年位前に建て直しされ立派な温泉に

なっちゃったけれど、以前はひなびた田舎の温泉で

お湯も掛け流しのぬるんぬるんで、いかにも美肌効果ありそ~な

大好きな温泉でした。

今は、循環湯だけれどお湯のぬるぬるは、そのままです。

歩行浴や露天風呂・電気風呂・高温風呂・泡風呂など

色々と種類も増えたので楽しくなったかも?

入り口から中に入ったら地元の野菜や果物が

生産者直売で販売されています。安い!昔懐かしのアクマキもありました。

ここは、人気の温泉なので土曜・日曜には大混雑!

身体を洗うのにも順番待ち...

時間があるのであれば、平日の夕方がおすすめです。

| | コメント (0)

宮崎 西都の桜

今年は大丈夫かな?

毎年、桜の花と菜の花が同時に咲いて

何とも言えず幸せな気持ちにさせてくれる西都原公園。

噂では、今年は菜の花が先に咲いてしまって

例年の様な景色が見れないのではと言う事...

もしそうだったら、すごく残念。

ここは私の一押しの桜の花見スポットです。

ここ以外に西都には、超うまい鰻屋さんやコノハナサクヤ姫由来の

都萬神社、西都原古墳群などオススメスポットが結構あり

楽しいですよ~♪

                  _029

去年の画像です。携帯画像でハッキリとしないのが残念です。

今年も綺麗に咲きますように

| | コメント (0)

お気に入り弁当は売り切れ↓

暇やね~ということで目的も持たずに

旦那と娘とでドライブに...

午後1時にお気に入りの弁当屋の

前を通り掛り、まだ1時だから今日はあるだろう...

そんな軽い気持ちで、店内に入る...が、すでに

もう、幕の内も売り切れ。 ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

まだ1時 は もう1時。すでに残っていたのは惣菜ばかり。

_041

悔しかったので最近出来た宮崎港の県漁連のお店

ぎょれん丸に行く事にした。TVで紹介された事もあり

此処もかなりの人達が順番待ちしていた。

うちの順番は16番目。待つべきか諦めるべきか...

話し合っている内に順番が、あっけなくきてしまった。

従業員さんたちがまだ慣れていないのか

お茶が無いとか茶碗蒸しが無いとか結構クレームが

多いのが目に付いたけれど、港の景色を眺めての

食事もなかなかのものかな?

港の駅 目井津を目標に頑張って欲しいです。

それと小さい子供と年配の方の為に

ぜひ座敷も作って欲しいです。

今日のドライブも結局...食べる事に時間を費やして

ぶらぶらで終わってしまった。

_042

| | コメント (0)

宮崎 椿山森林公園

_007_1

椿山森林公園に行って来ました。

日本最大の椿公園らしいです...

清武町から南西へ向かって進みます。

近い将来はもっと道が広くなるようです!(時折、工事中でした)

綺麗に手入れされた公園の中には

沢山の種類の椿が咲いていました。

森林浴には最高の場所でした。

_014

少し年配のカップルが、仲良くお散歩している姿を

結構見かけました。まったりとお散歩も良いですね~♪

昔、殿様が参勤交代に使った道を整備した殿様隧道もありました。

昔は、こんな道を通って行ってたのかと思うほど歩きにくそうでした。

_010

道の左側は崖でした。

人が三人位しか並べない位の道幅です。

狭い...

_011

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめまして 

今日からブログ入門です。

初心者で、しかも ゆだきんぼ なのでいつまで続くか?

(ゆだきんぼとは、こちらの方言で面倒臭がり屋ということです。)

取りあえず、続くとこまで頑張ってみます。

すでに、初日で何を書いてよいのか迷っていますので

先週行った、綾町の雛山祭りをご紹介します。

    P1010064_4

古くから長女の初節句の時にお祝いとして、家の中に作られていた雛山を観光客の方々にも見ていただこうと、平成13年2月に商工会女性部が活動の一つとして、地元商店街に雛山展示場を作って始めました。 
...と、綾町のホームページにありました。

   ttp://www.miya-shoko.or.jp/aya/7kaihina/index.html

家の中に山あり滝ありで驚きました。

P1010074_2 こちらの雛山は、お雛様が宴をされているという設定らしいです。

すごく、楽しそうで、思わず笑ってしまいました。

当日は冷たい雨の日でしたが、沢山の人で賑わっていました。

また、来年も行きたいな~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年4月 »